身長168㎝、体重47kgという超細身のそしてウエストが55cmというセミロングをきれいに後ろで束ねた、いかにも仕事ができます感のある素敵な女性Ⅿ奈さんとお会いしました。

本当によくある理由で、奥手ながらお付き合いしたことはあったりもしたものの、もともと性欲がさほど強くもなく、仕事が忙しかったりでそれを優先しているうちにタイミングを逃し、セックスに至る前に交際が自然消滅してしまったりしてきたとの事。

そして最近、私の人生これでいいのだろうか、楽しくないわけではないものの女性として潤いがない日々がどんどん過ぎていくことに突然不安になり申し込んでみたとの事でした。

いずれパートナーとなる男性に、もしそういった場面になったとき、魅力がないから今までバージンだったのではなどと思われたくないとか年齢相応のプレイも習得したいとも・・・。

28歳でバージン、たくさんとは言いませんが最近では特にそんなに珍しくはない事、少なくとも私のところには問い合わせを含め貴女位の方はたくさんいます。セカンドバージンもとなりますと、たーくさんいますよとお話ししました。

一生に一度のことです。大切な方、思いを寄せる方との行為ではなくてもよいのかという事は、ロストバージンご希望の方にはもれなく必ず確認しております。が、しかしお気持ちは強いものでしたのでお受けしました。

そしてすべては初めてのことなので私に任せたいとの事でした。

5~6ターンほど連絡を取り合い、昨日、軽食を済ませてきてもらい仙台中心部で13時に待ち合わせ、立町のホテルブラストに入りました。

コロナ対策のうがいを互いに済ませ、軽い自己紹介をしてⅯ奈さんのご希望を確認しました。

とてもゆっくりと時が流れるのを感じました。

そして隣に座り、手を取り、少し時間をおいて静かに肩を抱き寄せ軽くキスをしました。

続けて髪、頬や首そして耳に触れながらソフトに唇を重ねゆっくりとゆっくりと長い間、それだけで絶頂に導くほど舌を絡ませあいます。衣服の上から徐々に私の指先はⅯ奈さんの背中腰内ももを巡り乳房に触れます。繰り返しているうちに、こらえきれず体をよじらせ熱い吐息が出てきます。

くちびるはそのままで互いに立ち上がり、白いニットのワンピースを脱がせ下着姿になってもらいます。キスの合間に見えたのは上品な白のレースの上下の下着でした。一瞬動きがとまってしまい見とれていると、柔らかそうな陰毛も可愛らしく覗いているがわかりました。再び抱き寄せブラジャー、そしてパンティーを外していきます。服の上からしていたことをなぞるように繰り返します。ここでようやく乳首にたどり着きます。円を描くようにゆっくりとソフトに指先を這わせます。力が抜け立っているのは辛そうですがまだです。陰部に触れないように内ももに指を差し入れます。バージンの方に多いのですが、もうそこまでヌルヌルにラブジュースが滴っています。濡れ光るその指をⅯ奈さんの顔の前に移し見えるようにします。ファーストステップはここまでです。

セカンドステップはⅯ奈さんが先にシャワーを浴び、全裸でベッドに横たわっておいてもらいます。それからシャワーを出た私は彼女の横に入り添い寝の形になります。二言三言交わし髪をなで、とろける様なキスから始まり、指、掌、熱い吐息、硬く勃起したペニスや亀頭などを使い、耳、首筋、乳房、乳首、鼠径部、内もも、うつ伏せになってもらい背中、腰、尻、ふくらはぎ、膝裏、もも、内もも、また仰向けになってもらい陰部に近づき、Ⅿ字に開いた両足の間に入り顔をうずめます。鼠径部、内もも、大陰唇、小陰唇に順を追ってゆっくりソフトに愛撫が始まります。今回はいたずらでアナルも舌で少しつついてみました。恥ずかしがっていましたが悦んでくれた?ようです。さていよいよクリトリスです。最近はオナニーもするしイッタことがある?らしいので、まず舌先、舌の腹、唇、プラスアルファ秘儀を使い、クリニングスで1回、続けざまに指で秘儀を使い1回イッテもらいます。ローターなどは使ったことがないと言ってましたが、それは本当のようで、とても敏感で簡単なものでした。腹部から腿のあたりが小刻みに激しく痙攣してイクタイプです。指でイッタときには色白なので胸元が一瞬パっときれいに真っ赤に染まるのもはっきりとみて取れました。陰裂からは、潤いがあふれ出しアナルまですじをひきシーツにもシミができています。

サードステップです。もうⅯ奈さんの体は経験済みでいうところのペニス受け入れ態勢ができています。やりたくなっている、その状態にあることを伝え、いくつかのロストバージンの心と体の心得のようなものをはじめに話していたことを思い出してもらい、まずは、舌で膣の入り口をほぐします。次にⅯ奈さん自身人差し指はゆっくりなら入れたことがあるという事だったので、私の小指をゆっくり入れ時間をかけてほぐしてみます。次は人差し指です。ご要望がない場合、私にはきちんとした理由があってロストバージン時は無理に指2本は入れません。もう大丈夫です。はじめは正常位で臨んでみます。ペニスを陰裂をなぞるように何度も往復させ、この間挿入されることへの興奮につなげるように、また男性を迎え入れる歓びへと心をを開いてもらいます。

後の部分が重要なのですが私オリジナルのロストバージン達成方法ですのでここまでです。

結果として、相性も良かったのか若干の処女のずり上がりはあったもののとてもすんなりめでたくロストバージンとなりました。

Ⅿ奈さんとは、当初からの予定でしたがロストバージンと年相応の性技体験、そして挿入されることの歓びと快感経験、一度には無理なのでこれから複数回お会いしてとの約束をしてお別れしました。

ご質問、お申し込みはこちらのフォームからどうぞ。

     

     

     

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事